在籍確認なしでキャッシングするならモビット



モビットなら取引がネットで完結します。面倒な書類のやりとりもなし。
だから在籍確認の電話や郵便物のやりとりがありません。
※ただし、三菱東京UFJ銀行か、三井住友銀行に銀行口座をお持ちの方で、社会保険または組合保険に加入の方限定です。

キャッシング時の在籍確認を回避する方法

消費者金融でお金を借りる時、ほとんどの確率で「勤め先の会社への在籍確認の電話」が必要になります。
これは、お金を借りる人が申告している勤め先がウソではないということを確認するためのもので、消費者金融の方が申告されている会社に電話をかけます。
「○○さんはいますか?」などの確認をするだけなのですが、お金を消費者金融から借りていることを会社にバラしたくない人にとっては、とっても嫌な電話です。


どうしてもバレたくないという方は在籍確認の電話をしない消費者金融を探すのも1つの手です。変な画策をするよりも、一番シンプルな問題解決ができます。
インターネットや電話で申し込む場合は在籍確認が必要な場合でも、対面でも申し込みなら在籍確認が必要ないという場合もありますので、一度問い合わせてみるのもいいでしょう。


しかし、どうしても在籍確認の電話が避けられなかった場合。どのようにすれば「消費者金融からの在籍確認だ」と思われないためにはどうするべきでしょうか。

まず、借りる際に消費者金融の方に在籍確認の電話についてのことを相談します。
「消費者金融だと名乗らないでほしい」と言うと、ほとんどの場合で応じてくれるようです。その場合、担当者の方の個人名で電話をかけていただくことになります。
消費者金融側の担当者が田中で、借りる側が木村だった場合「田中と申しますが、木村さんはいらっしゃいますか?」といった感じになるんです。これであれば、消費者金融だとわかりませんね。

更にバレないようにするためには、事前に電話を受けるであろう会社の方に連絡をしておきます。
その際、「他の理由で在籍確認がある」とウソをついておくのです。後で慌ててごまかすよりも、先に言っておく方が自分自身気が楽ですし、ごまかしやすさも格段に上がります。


在籍確認が必要なことは消費者金融以外で一番メジャーなのはクレジットカードの審査です。
クレジットカードであれば作っていると思われても特に問題にはなりませんね。
なので、「今日、田中さんという方から電話があると思いますが、それはクレジットカードの在籍確認なので取り次がなくて結構です」といったように伝えておきましょう。
これで在籍確認の電話が来ても大丈夫です。

在籍確認回避なしのキャッシングは公務員や大企業社員などにありがたい

消費者金融やキャッシング会社でお金を借りる際に避けては通れないのは、あなた勤めている職場への在籍確認です。
すべての金融機関で勤務先の住所や電話番号などを記入しますので、その番号にかかってくるのです。
この在籍確認は電話で行うのですが、あらかじめ何月何日に電話をするので本人が出るようにといわれます。
ただもしも外まわりの仕事などをしていて会社にいない場合には別の日にしてもらうことも可能です。
キャッシング会社のスタッフが会社に電話をかけてくることに関して抵抗を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、カードローン会社の名前は伏せた状態で在籍確認をしてくれますので安心です。
大体はキャッシング会社の個人名でかけてくれるのです。
もしも在籍確認をされたくないからという理由で会社名を書かなかった場合にはキャッシングの審査に落ちてしまうので気をつけてください。
また個人事業主の方や自営業などの方の場合はその事業を行っている電話番号に確認の電話がかかってくることになります。
これらも同様にプライバシーのために個人名でかけてきてくれますので安心です。
そんななか、最近では金融機関からの電話連絡が困るという人の場合には在籍確認をしないキャッシング会社から借りることもできます。
このサイトではそういった、職場に借入を秘密にしておきたい、会社には内緒にしてローンを組みたいというユーザー目線のサイトに焦点を当てて紹介しています。
特に堅い、一部上場企業や一見キャッシングとは無縁に見える国家公務員、地方公務員、また入社したてで評判を落としたくない新入社員には重宝されるサービスだと言えます。
TOP 
Copyright © 在籍確認なしでお金を借りる。職場に連絡来ないので新入社員でも安